脱初心者!写真の撮り方とキレイに撮るコツ

一眼レフやミラーレスカメラを購入すると写真を撮るのが楽しくて写真たくさん撮ってしますよね。しかし段々と「もっとキレイな写真が撮りたい」や「なんかいつも似たような写真になってしまう」と悩みが出てきませんか?

撮影するときの意識などで、キレイな写真を撮れたり、写真のイメージを変える事ができます。撮影する際に一度一呼吸置いて、意識して撮影してみると写真がもっと楽しくなりますよ。

「水平・垂直」を意識する


写真を撮影する際に、まず大切なのが「水平・垂直」を意識して撮る事です。
カメラには水準器が表示できるものやガイドラインが表示できるものが多いです。表示して撮影することにより水平・垂直がとれている写真は気持ちがいいです。
オシャレだからといって斜めにして撮ってませんか?プロの写真でも斜めでの撮影もありますが、ほかの条件が一致した時に行なっている撮影方法な為、非常に難易度が高いです。

写真をみる際に水平・垂直がとれていない写真は見る人が不安になったり、気持ちのいいものではない為、水平・垂直を意識してみましょう。

足で稼ぐ



やはりキレイな写真を撮るには、自分で動く事が何より大切です。「遠いからズームで撮ろう」や「天気悪いから辞めよう」状況に応じてはその方がいい時もありますが、遠いけど歩いて近くまで行った時や天気悪いけど一応カメラ持って行こうとした時には、その時にしか撮れないものに出会ったりする事があります。その意識がつく事でこれまで見られなかった素晴らしい景色や出会いがあったりしますよ。

カメラの位置やアングルを変える


足を使って動いて撮影することに、似ていますが被写体を色んな角度から見てみる事です。
「正面・横・後ろ」などいつも正面からしか見ないものを違う角度からみると新しい発見があったりします。上からのアングルや下からのアングルで被写体のイメージが変わって撮る事ができます。
真上から撮った料理の写真や見上げたアングルの観覧車など、色々な写真を見てどんなカメラ位置やアングルで撮ったものなのかを見てみると「こんな撮り方もあるんだ」という発見もできます。

設定を変えて撮影してみる


写真を撮影する際に、オートモード以外で撮影するとカメラの設定を自身で変える事ができます。被写体を撮る際に、「F値・シャッタースピード・露出」を変えて撮ってみるとボケの具合が変わったり、写真に動きが出たりします。
同じ場所から撮っても設定を変えることで写真のイメージは大きく変わります。そのほかにもホワイトバランスを変えて色味を変えて撮ってみたりもできますね。

構図を意識する


写真をたくさん撮るのは、上達にも繋がるのでとてもいい事なのですが、構図を意識して撮影するとさらに上達が早くなります。まず三分割構図を意識して撮影してみましょう。被写体を交点に置いて撮影します。この交点は写真をみる時に人の目が行きやすい場所なので、気持ちのいい写真が撮れます。
ほかにもたくさんの構図がある為色々な構図を試してみるといいです。撮影シーンに合った構図が徐々にわかってきます。
同じ被写体でも、構図やアングルを変えて撮ると光の当たり方や色んな事が見えてきます。「この角度で撮ると明るいイメージになる」や「違う角度で撮ると暗いイメージになる」など色んな視点で被写体を撮ると写真が上達します。

▶ 構図に関してはこちらの記事も「脱初心者!構図で写真が激変!」

主役を決める

構図やアングルなどを意識して撮影する中で、主役を決めることはとても重要です。
そしてその主役をどう撮るのか決めて撮ると写真がはっきりします。写真に多くの情報が沢山入ってしまうと何を撮ったかわからない写真になってしまいます。その写真の中で何を一番に見せたいのかを意識してみましょう。
よく「写真は引き算」といいます。先程書きましたように沢山の情報が入ってしまうと何を撮った写真か何を見せたい写真のかわからなくなってしまいます。人物撮影でもその人が主役なので思いっきって背景をボカして、被写体に注目がいく写真にしたり、花などでも全体ではなく、寄って一輪に注目して撮ってみるなど、「何を見せたいか」を意識して撮るといいです。

少しの意識で写真が変わる

上記で解説した事をシャッターを切る前に少し意識するだけで、かなり写真が変わってきてキレイな写真が撮れます。「水平かな?」や「この角度から撮るとどうかな?」など意識する事で今までとは物の見え方が変わったり、新しい発見があります。カメラは沢山の新しい発見をさせてくれます。
意識する事でどんどん写真が上達します。それと何より沢山写真を撮ってみる事が1番の上達方法です。
写真は撮る人によって、切り取る角度もアングルも違います。全く同じ写真は無いのがまた写真の楽しいところです。
またレンズによっても大きく印象が変わることもあります。違うレンズやカメラでも撮影してみてください。今までとはまた違った印象の写真が撮れますよ。

撮影方法の関連記事
  • 脱初心者!写真の撮り方とキレイに撮るコツ
  • スマホの越えられない壁、一歩上のインスタグラマーを目指すには。
  • 10分でわかる!レンズの種類と選び方
  • 10分でわかるポートレート(人物)撮影
  • 脱初心者!構図で写真が激変!
  • 手ブレなしの写真の撮影方法
カメラやレンズなど撮影機材の貸し借りはカメカリで!

カメラやレンズをカメカリでレンタルしてみませんか?
高くて手が出なかった機材も、カメカリなら手軽にレンタルすることができます。
オーナーのみなさまは家で眠っている機材を貸し出してレンタル料を稼ぐことも。

おすすめの記事
手ブレなしの写真の撮影方法
撮影方法
せっかく撮影したお気に入りの写真が手ブレしていたら残念ですよね。 しかし簡単に手ブレのない写真を撮る事ができるんです。 暗いところで撮影する...
10分でわかる!レンズの種類と選び方
撮影方法
はじめに 一眼レフカメラの醍醐味は、なんと言っても様々なレンズを付け替えられることでしょう。 レンズキット付きのカメラを買った人は「自分が持...
脱初心者!構図で写真が激変!
撮影方法
カメラを始めて間もなくすると どうしても記念写真になってしまう もっといい写真を撮るにはどうしたらいいの という悩みや疑問が出てきませんか?...
10分でわかるポートレート(人物)撮影
撮影方法
はじめに 本格的にカメラを手にするきっかけは人によって様々あるでしょう。皆さんはどうでしょうか? 例えば「写真集に載っているような可愛い(カ...